うつ病でももらえる!傷病手当金のことを知っておこう

サイトメニュー

うつの治療の種類

カウンセリング

うつ病の治療のために、効果のある再発がしづらい療法を治療方法を学んでおくといいですよ。治療費が心配な方は、傷病手当金を受け取りながら治療もできるので、そういった制度のことも知っておくと役立つかと思います。

詳しく見る

うつ病のサポート体制

聴診器

うつ病を発症しても様々な形でサポートしてくれる制度があります。傷病手当金もその一つですし、企業でもうつ病を患っている人が復職しやすい環境作りも求められています。もしあなたが復職に不安があるのならば、そういったことも知っておくといいですよ。

詳しく見る

条件を知ろう

成人女性

うつ病を葉鞘した場合、傷病手当金を受け取れる条件は3つあります。その条件に当てはまっていなければ受給することができません。いざ申請の時に受給できないということにならないようにしっかり学んでおきまでょう。

詳しく見る

高齢者にも多いうつ

カウンセリング

うつのことをよく知ろう

年齢を重ねて精神的に安定していると考えられがちな老年期ですが、体力や気力の衰え、健康への不安、親しい人たちの死別、一人暮らしの孤独感などの原因からうつ病になることが意外と多いのです。特に高齢者のうつ病は、身体の症状が強調されてしまい、うつ病であることが見えにくくなったり、認知症と間違われて見逃されてしまったりすることがありますので注意が必要です。また高齢者のうつ病では、抑うつ気分のような精神症状が目立たず、耳鳴り、めまい、ふらつき、手足のしびれなど自律神経症状の訴えや、頭痛、腰痛、胃部不快感などの不定愁訴が特徴的です。 また、「物忘れが増えた」と訴えたり、心気傾向が強く、「心臓が動いていない」「胃の中に虫がいる」のような妄想(心気妄想)が現れたりすることも一つの原因です。ほかにも貧困妄想や罪業妄想などが起こることがあります。また高齢者のうつ病の原因として別の危険因子があります。「以前にうつ病になったことがある、もしくは家族にうつ病になったことがある人がいる」「慢性的な体の病気をもっている」「単身生活をしている(死別含む)」「経済的に困難がある」「社会的サポートが不十分である」「女性である」などが挙げられます。また高齢者のうつ病では認知症と間違われるケースが少なくありません。認知症というと記憶障害が知られていますが、ほかにも気分の落ち込み、意欲・集中力の低下、イライラ感など、うつ病と非常によく似た症状が現れます。うつ病と認知症を区別するためには、時計を描くテスト(CDT)や詳細な認知機能検査、MRI検査、SPECT、PETなどの脳機能検査があります。 うつ病と認知症を合併している場合もありますので、不安を感じたり、高齢者の家族の心身の不調に気がついたりした場合には、なるべく早くかかりつけ医や精神科で相談することで病気の判断がつき、原因も判断されます。
今は、定年を迎えた方でも、働きに出る方は多いです。ですが、こういったうつを発症してしまうと、働くことが難しくなります。うつを患ったらまず大切なのは休むことですから、しっかり休養を取りましょう。うつ病でも社会保険に加入していれば傷病手当金を受け取ることができます。ですが、うつになったからと言ってすぐに傷病手当金を受け取れるわけではありませんし、いくつかの条件を満たさなければいけません。仕事をすぐに辞めるという選択をしないで、休職という形で手続きをしておきましょう。それから傷病手当金の申請に必要な書類を揃えて申請しましょう。

人気記事

カウンセリング

うつの治療の種類

うつ病の治療のために、効果のある再発がしづらい療法を治療方法を学んでおくといいですよ。治療費が心配な方は、傷病手当金を受け取りながら治療もできるので、そういった制度のことも知っておくと役立つかと思います。

詳しく見る

聴診器

うつ病のサポート体制

うつ病を発症しても様々な形でサポートしてくれる制度があります。傷病手当金もその一つですし、企業でもうつ病を患っている人が復職しやすい環境作りも求められています。もしあなたが復職に不安があるのならば、そういったことも知っておくといいですよ。

詳しく見る

成人女性

条件を知ろう

うつ病を葉鞘した場合、傷病手当金を受け取れる条件は3つあります。その条件に当てはまっていなければ受給することができません。いざ申請の時に受給できないということにならないようにしっかり学んでおきまでょう。

詳しく見る