うつ病でももらえる!傷病手当金のことを知っておこう

サイトメニュー

条件を知ろう

成人女性

受給できる条件とは

うつ病になった場合、傷病手当金をもらうにはいくつかの条件に当てはまっていなければいけません。その条件は3つあります。1つめは、うつ病と診断されていることです。もちろん医師がうつ病だと診断していることが前提です。当然のことですが、自分の感覚で「症状がうつっぽいから」という理由だけでは通りませんし、必ず医師の診断が必要です。診断を受けた際に、診断を出してもらうと後々役に立ちますよ。2つめは、仕事を3日間続けて休んでいることが挙げられます。3日間は対象ではありませんが、4日目から傷病手当金の期間の対象になりますから、支給を申請するのであればこの期間を守りましょう。土日や祝日もその対象ですから、自分の出勤した日付を把握しておきましょう。そして3つめは、社会保険に加入していることが条件です。自営業の場合や国民保険に加入している方はその対象にはなりませんので、注意してください。被保険者が対象であってその扶養者も対象外になるので、忘れずに覚えておきましょう。

支給額っていくらもらえるの?

うつ病による傷病手当金の支給額は、月にもらうお給料の3分の2がもらえます。ですが、他の給付金等を受給している場合は傷病手当金をもらえないことがあります。事前にそういったことも調べておきましょう。休職していてそのまま復職せず仕事を退職した場合でも、ある条件を満たしていれば、その後も手当を受け取ることができます。それは退職の日から遡って1年以上経っていることが条件です。例えば、6月に社会保険に加入しその年の11月に退職する場合は、1年以上加入という条件を満たすことにはならないので、退職後は受け取ることができません。また、退職日までに3日間連続で休んでいること、退職日に会社勤務していないことが条件に挙げられます。なので、傷病手当金の仕組みや受給条件を確認して行動を起こしておけば「もらえなかった」ということも防げるので、しっかりと情報を集めておくことが大切です。法律や制度に詳しくないという方は社労士などに依頼するのも1つの手です。面倒な手続きを行ってくれますし、そういったことを専門としているのでスムーズに手続きをしてくれます。

申請からどのくらいでもらえる?

傷病手当金は申請から1ヶ月ほどでもらうことができます。すぐにもらうことはできません。きちんと手続きを踏んで必要な書類を準備しておくことが大切です。場合によってはもう少しかかるケースもあるようです。なのですぐに申請すると良いですよ。傷病手当は2年間なら遡って申請を行うことが可能ですから、2年以内にうつ病等で休職して働けない状態でいた方は申請してみてください。書類は全国健康保険協会へ提出することになっています。会社にお願いすることもできますし、自身での郵送もできるので、あなたのやりやすい方法で行ってください。もちろん持参するのもOKです。インターネットから全国の健康保険協会支部がどこにあるかチェックできますし、申請書をダウンロードすることも可能です。