うつ病でももらえる!傷病手当金のことを知っておこう

サイトメニュー

うつの治療の種類

カウンセリング

うつの治療を知ろう

うつ病の患者さんの症状を緩和するための治療方法として薬物療法と、同時に実施される使用方法として精神治療というものがあります。それは認知行動治療法や対人関係治療方なのです。この治療法は毎日の生活を続ける辛さやその不安を軽減する効果があり、さらに悲観的な考えを引き起こす思考パターンを修正することによってうつ病の症状緩和をする項目があるようです。また、対人関係において正しい対処方法を学ぶことによって考え方を変えうつ病の症状の再発を防止する治療法でもあるんです。この精神療法においても、医師の指導のもとで、途中で止めることなく付けることがとても大切なことなのです。

うつに効果のある電気痙攣療法とは?

電気痙攣療法はこれまでにうつ病や躁うつ病、そして統合失調症をはじめとする精神疾患の症状緩和のための治療方法として利用されてきています。特に海外においては高い効果は安全性が確認されている先進医療の1つなのです。この治療方法は、短時間に脳に電気刺激は与えることによって脳は上で痙攣を起こして脳内の化学変化を起こすことによって精神症状の緩和を行うのです。
うつ病というものは現在では心の病という捉え方ではなく脳の病気と捉えて治療を行うことが多いようです。その最先端の治療は方法の1つが、磁気刺激治療法(TMS)という治療方法です。これは食を活用して、脳の特定部位に働きかけることによって脳内の血流を増加させ、退化していた機能を改善させることによって、うつ病の症状の緩和をすると治療方法です。この治療方法は抗うつ剤などの薬物治療や電気痙攣治療方法に比べると副作用がないということがメリットで、安全性の面では最も高い評価を得ている治療法で、現在注目されている治療方法です。この治療方法は脳の中の背外側前頭前野という部分に磁気刺激を与えることによって、神経細胞を通じて脳の深部にある扁桃体という部分に二次的な刺激を与えることによって脳の活動を回復させ、その結果としてうつ病の症状を緩和させるという治療方法になります。

治療費に不安があるなら

うつの治療には、どうしても治療費がかかります。あなたが、会社に勤めていて社会保険に加入しているのであれば、休職しても傷病手当金を受け取ることが可能になります。うつ病で仕事を4日以上働けない場合は、申請することをおすすめします。うつを発症したら休むことが一番大切ですが、だからといって辞める必要はありません。休職をして治療に専念しながら、うつが治った時に復職するためにも、安易に辞めることはおすすめしません。うつを治しても再度就職活動を行わなければいけませんので、そういったことを踏まえると、休職という手段を取って様子を伺ってみましょう。傷病手当金は最長で1年半受け取ることができますから、うつと診断されたら、まず診断書をもらって勤め先に話を通しておきましょう。